忍者ブログ

ウォーキングdeダイエット

歩いてダイエット。ウォーキング・ダイエット。歩いて効果的に脂肪を燃焼してスリム化。だれでも今からでも、好きな時間にウォーキング!

2019/12/13 (Fri)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/06/04 (Thu)

ウォーキングで高血圧も撃退

ウォーキングは、血圧の安定に効果的です。

足には、たくさんの末梢神経が通っています。
ウォーキングで血液の循環が良くなり、血管自身も運動が活発になるので
循環器系全体が活性化することができます。

ウォーキングをすることでポンプアップすることで、全身に血液を送ることができるようになり、
血圧も正常値の安定になります。

高血圧は他の疾患を誘発する原因となっています。

血圧を正常値に維持するためのウォーキングを楽しい日課としてみてはいかがですか?

血圧が少し心配になっているなら、ウォーキングははお勧めです。


カラダトレーナー ウォーキング&ジョギングナビ


PR

2009/06/03 (Wed)

ウォーキングは肥満を解消できる

ウォーキングは、有酸素運動にくくわれます。

体内に十分に酸素を取り入れることで、糖質と脂肪をエネルギーに換えていくのが有酸素運動です。

長く効果的に歩くことで、たくさんの糖質と脂肪を燃やすことができるので、肥満を解消できるのです。

ウォーキングは軽い負荷で長時間運動することができて、脂肪を主なエネルギーとして燃焼し、
筋肉を徐々に強くし、引き締め肥満を予防する効果があります。

また、筋肉を使ってこない方であれば、適度に筋肉がつける効果も期待できます。

余分な脂肪を落として体のラインをはっきり出したい女性には特に効果的な運動といえます。

さらに効果をあげたい場合には、やはりウォーキングの前に軽いストレッチ運動を行うといいでしょう。

ストレッチ運動でで筋肉が鍛えられると基礎代謝があがり、脂肪も燃焼しやすくなり痩せやすく
肥満とは縁の薄い身体になります。


エクササイズ・ウォーキングなどに大活躍!! ★61%OFF★

2009/06/03 (Wed)

どうしてウォーキング・ダイエットなの?

ウォーキングダイエット
効果的にやせる!!」

ウォーキングは、最近テレビや雑誌、さまざまなメディアでも紹介されています。

ウォーキングをする人は4000万人にのぼるとも言われるほど、ポピュラーになりました。
なんといっても、お金がかからず、気軽にできるというスポーツ、ウォーキング

ウォーキングは、ダイエットにも、体力アップにも効果的なの魅力です。

正しくウォーキングは有酸素運動です。
有酸素運動は、、脂肪を燃焼させ、全身の血行を良くします。
この有酸素運動は、まだ血液の中にある脂肪が血管を通って全身を回りながら
血管や細胞にくっつくときに、酸素が結合して燃焼させることです。
体に余分な脂肪を溜めなくてよくなるわけです。

ウォーキングもただ歩くだけではなく、この有酸素運動がきちんとできていないと
あまりダイエットとしても効果があがりません。

せっかくですので効果的に行うことで、ただダイエットするのではなく、ちゃんと筋肉もついた
健康なスリムボディを実現できるでしょう。



気負ってウォーキングをするのではなく通勤でも、たった10分ほど意識して歩けば、
ウォーキングダイエットになる歩き方もあります。
道具がなくても毎日どこででもできる運動なので、メタボ予防に、またメタボ対策にも最適です。
シニアの方でも、若い方でも、とても手軽にできるウォーキング・ダイエットで、
ゆっくり効果的に、リバウンドせずに痩せること、体力を維持することを目指しましょう!

2008/11/07 (Fri)

ウォーキングの時間帯

朝、昼、夜 どの時間帯にウォーキングするにしてもかまいません。

大事な点は、毎回同じ時間帯に行うのが理想的です。

では、ウォーキングはいつがとくに効果的なのでしょうか?

人は、もともと夜に食をとらず就寝して、朝までエネルギーを消費せずに蓄えようとするような体質です。
そして、夕方になり暗くなれば就寝するものでした。

夜に活動するようになった現代でも、その働きは本能として残っています。
ですから、夕方以降のウォーキングは効率が悪いといえます。

また、食事の直後は血糖値が高くなっています。
運動による脂肪の燃焼は、糖質がなくなった後に主に燃焼しますので、
食後も効率が悪いといえると思います。

ということは、やはり朝、食前に歩くのが良いのではないでしょうか。

ただし、朝は血糖値が低いため、おなかがすいて気分が悪くなるかもしれません。

ですから、朝、軽く消化の良いバナナを1本食べてからウォーキングするといいでしょう。

ウォーキング ダイエット

2008/11/07 (Fri)

ウォーキングで疲労?

ウォーキング・ダイエットでも、クセのある歩きをしていると疲れてしまいます。

人間にとって、立って歩くことは、生活するなかで必要不可欠です。
そのためにだれにでも歩き方にクセがでてきます。

ウォーキング・ダイエットの歩き方といっても、
よほど大きな歩き方のクセがなければ直さなくても問題はありません。

しかし悪いクセを持っている人は、改善する必要があります。

もし歩き方に悪いクセを持っているようなら、
いつも余計にエネルギーを消費してしまい、すぐ疲れてしまうからです。

またからだに無駄な負担を与えてしまいため、からだを痛めてしまうこともあります。
ウォーキング・ダイエットも台無しです。

歩き方のクセはなかなか自分では気づきにくいものなので、
人に見てもらい指摘してもらったりするとよいでしょう。

悪い歩き方の例をいくつか挙げておきます。
・ 猫背歩き
・ 歩幅が狭い
・ 横揺れ歩き
・ 縦ゆれ歩き
・ 内股歩き
・ ガニ股歩き
・ 引きずり歩き
・ ばたばた歩き

これらの悪い歩き方は、どれも疲れやすいので早めに直しましょう!

ウォーキング・ダイエット
1 |  2 | 
Script:Ninja Blog Skin:Twinkle Magic 忍者ブログ [PR]